会社の紹介

オークランド, New Zealand
Power In Numbersはオークランドを拠点とする政府公認のイミグレーションアドバイザーの会社です。スタッフの平均在住歴は20年以上!オークランド大学へ通い、卒業し、移住を経験したスタッフとニュージーランド生まれで育ったスタッフのみで運営を行っています。
現地の現役統計データアナリスト(BSc、PGDipSci、MSc)の分析もあり、常に数万に及ぶ移住者の実際のデータを基に、最新の情報と分析を提供しています。勘、経験、雰囲気だけでアドバイスは一切致しません。ブログでは統計だけではなく、日常のこと、仕事のことや、永住権に至るまでのことを書いています。

2016年8月9日火曜日

NZ英語って早くない!?ってなったことある人

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

ニュージーランドに来て誰もが思うであろう事柄と言えば、

「英語が聞き取れない!」



・・・思ったことない?

ないか?

でもあるって前提で書く!!!


以前どこかのパーティーでアメリカ人の留学生と話している時、NZの英語が話題になりました。

彼女がふと、

「そういえばさ、ニュージーランド人って話すの早すぎじゃない!?」

と言ったのがきっかけ。





「やっぱり!?そう思ってるのは自分だけかと思ってたよー!!!WTFってなるよね!笑」


後日、Psychology of Communication Disorders(コミュニケーション障害の心理学)で(心理学も専攻してたんです)NZ英語を改めて勉強した時に素敵な論文に出会ったので紹介します★


タイトルは、Speaking rates of American and New Zealand varieties of English。
簡単に言うと、アメリカ英語とニュージーランド英語の発声速度。

下がAPAスタイルの参考文献。

Robb, M. P., Maclagan, M. A., & Chen, Y. (2004). Speaking rates of American and New Zealand varieties of English. Clinical linguistics & phonetics18(1), 1-15.



この研究からわかったことは、NZ英語は速い!!!


どれだけ早いかと言うと、アメリカ英語が一分間に250音節(syllable)なのに対し、NZ英語は一分間になんと280音節!


音節ってなんだよ?って人へ。
英語での音節は音の区切りです。
母音が一つくる毎に音節が一つ来る、という感覚に近いかな?
例えば「syllable」は「syl・la・ble」で三音節で成り立っています。


慣れない英語、しかもハリウッドの映画でも早く感じるよー、って人にはNZ英語はもっと早く感じるのも当たり前ですね。


と言うわけで、

「みんな何言ってるかわかんないんだけど!?」

って人、

大丈夫です。

NZ英語のせいです笑

話している人のせいにしてください笑

じゃーねー!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿